スマホで見る

ブッチャー引退セレモニー【2019-02-21更新】|LIXIL不動産ショップERA中央企画

賃貸・売買・賃貸経営管理のことなら
リクシル不動産ショップ中央企画へ

電話番号はこちら:042-371-0303
<< ブログの一覧へ戻る
  • ブッチャー引退セレモニーでのメッセージ。2019-02-21



    日本でも親しまれた往年の悪役レスラー「“黒い呪術師”アブドーラ・ザ・ブッチャー」

    そんなブッチャーさんの引退セレモニーが、2月19日(火)両国国技館にて行われた「ジャイアント馬場没20年追善興行~王者の魂~」にて行われました。
    (まだ引退してなかったの?という感もありますが…)

    流石、往年の名レスラーの引退セレモニーというだけあって、ゲストも多様。

    スタンハンセン、ドリーファンクjr、ミルマスカラス・ドスカラスのマスカラス兄弟と豪華な顔ぶれが会場を訪れ、ブッチャーさんの引退セレモニーに花を添えました。(往年のプロレスファンからしたら垂涎もの)

    もちろん、ジャイアント馬場といえば、力道山の弟子として同じ釜の飯を食った中のアントニオ猪木。
    現役時代には対極にいた二人ですが、この日は猪木さんも会場を訪れ、馬場さんへの哀悼の意を示すとともに、「1.2.3ダー!!」の掛け声で会場を盛り上げたようですね。


    さて、話をブッチャーさんの引退セレモニーに戻します。
    最後のファンへのメッセージが印象的だったのでシェアさせていただきますと、、

    『若い人たちに言いたい。自分の親が歳をとっても決して老人ホームにぶち込んで忘れるようなことはするな。いずれは歳をとってそういう事になるんだから親を大事にしろ。それだけは言いたい。』

    日本のこともよく知る親日家のブッチャーさんらしいメッセージかと思います。

    有料老人ホームの紹介事業も行っている当社の立場としましては、「親の介護が大変だからと言って、どこでもところ構わず老人ホームと名のつくところへぶち込むような真似はするな!」という意味合いもふくまれているのでは?
    と勝手に解釈しています。

    自身も老親を持つ立場としては、考えさせられるブッチャーさんのメッセージでした。

    PS:会場で「猪木コール」したかった・・・

     


    ページ作成日 2019-02-21

カレンダー
 << 2021年12月